あくせいひんけつ

BACK

悪性貧血*

Pernicious anemia

ビタミンB12または葉酸の欠乏によって生じる巨赤芽球性貧血の中で,最も発生頻度が高いビタミンB12欠乏性の貧血が悪性貧血である。

ビタミンB12は胃液中の内因子との結合によって小腸下部で吸収され,葉酸とともに骨髄内での赤血球生成に利用される。悪性貧血は,高度の萎縮性胃炎による内因子分泌の欠乏が一次的原因である。その結果,回腸末端部からのビタミンB12の吸収障害をおこす。欠乏症状として動悸,めまい,耳鳴り,全身倦怠感,舌炎,悪心,嘔吐,下痢,神経症状として四肢の知覚異常,歩行困難,視力障害などがおこる。時には興奮,軽い意識混濁などの精神障害をきたすこともある。

検査所見は骨髄赤芽球系細胞に巨赤芽球の増殖がみられ,白血球は好中球に核過分葉のものが増加し,血小板は減少する。血液凝固因子に異常はない。放射性ビタミンB12と内因子を使ったSchiling試験によって,巨赤芽球性貧血の悪性貧血と吸収不良症候群の鑑別ができる。

【治療】ビタミンB12製剤の注射による補充療法を行う。体内の貧血状態が改善した後は,定期的に維持療法を行っていく。貧血が急速に改善されると鉄欠乏性貧血を合併することがあるので,その場合には鉄剤による治療を併せて行う。

【薬剤】ビタミンB12製剤:メチコバール,レヂソールH,カロマイド。副作用として一過性の発疹があらわれることもある。

主要疾患・治療と薬剤ハンドブック(薬事新報社刊)より