あいじーえーじんしょう

BACK

IgA腎症

IgA nephropathy

糸球体メサンギウム領域にIgAを主体とする免疫複合体が沈着することを特徴とする慢性糸球体腎炎である。日本に多発し,原発性糸球体腎炎の30〜40%と,最も高頻度に認められる。確定診断には腎生検による糸球体の観察が不可欠で,メサンギウム細胞や基質の増加が認められる。

発症機序としては免疫学的機序が推定されている。血清中のIgA値が上昇することが多く,またIgA型免疫複合体が増加している。

臨床発症様式は慢性型で,多くの症例は検診や他疾患で受診時に蛋白尿や血尿で見つかる。扁桃炎や上気道感染,胃腸炎の際,肉眼的血尿で発見されることもある。一部には高度の糸球体内細胞増殖を伴って急性発症する例もある。

本症の約20〜30%は10〜20年の経過で末期腎不全に至る。予後不良因子として,高齢者,1日1g以上の蛋白尿の持続,腎機能低下,高血圧,腎生検時の組織学的糸球体病変進行例がある。

【治療】腎機能が正常で,蛋白尿が1日0.5g以下の安定した症例は経過観察とする。蛋白尿1日0.5〜1gの場合は抗血小板薬を用いる。過度の運動や残業は避け,安定した日常生活を心掛ける。蛋白尿1日1g以上の進行性の症例では,抗血小板薬に加え抗凝血薬,ステロイド,免疫抑制薬を投与する。

高血圧を合併した症例では降圧薬を投与する。

【薬剤】抗血小板薬:ペルサンチン,コメリアン。尿蛋白減少効果がある。

抗凝血薬:ワーファリン,ヘパリン。出血傾向のある症例では注意する。

ステロイド:プレドニン。

免疫抑制薬:エンドキサン,イムラン,ブレディニン,サンディミュン。

降圧薬:ACE阻害薬-カプトリル,レニベース,ロンゲスなど。尿蛋白減少効果,腎機能障害の進展抑制効果が報告されている。血清クレアチニン3mg/dL以上の腎機能障害例では慎重投与。Ca拮抗薬-ペルジピン,カルスロット,ヒポカなど。副作用はほてり感,頭痛,動悸など。

主要疾患・治療と薬剤ハンドブック(薬事新報社刊)より